03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ヨーキーのそらザウルス

ヨーキの「そら」、家ではやんちゃ坊主の「そらザウルス」になります。そんなそらの平凡な日々を綴っていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

組織球種のその後 



度々、ブログにも書いていたそらの右わき腹にできた皮膚性組織球腫。

(↓昨年暮の写真)



昨夏、赤いオデキに気付き
その後少しずつ大きくなり
1カ月前には直径15mm程になっていました。
ぷっくり膨れたオデキは高さがあるため
小さな体には直径以上に存在感あるものでした。


このオデキ、良性のもので
痛いとか痒いとかいう症状は無く
本犬もオデキを気にする様子はなかったため
ここ数ヵ月間、経過観察中でした。


しかし1カ月程前からそらが
オデキを気にしはじめ
その結果、表面に傷がつき
化膿、異臭を放つちょっとした
グロテスクな状態に。


傷を保護すべく
体全体を被う術後着やエリザベスカラーを
買いそろえるまでの2,3日は
マナーベルトや包帯で傷口を保護するも
留守番中にずれてしまいどうしたものかと
真剣に悩みました。





しかし
それもそらが元気だからこその悩み。

「動きまわって保護するのが大変だった」
と思えば、それほど大したことなかったと
今となっては思えます( ̄▽ ̄;)





それから3週間後。

なんとっ‼
ぷっくり膨らんだ赤いオデキは
ほぼ平面になり、目立たなくなってきたんです‼





周辺の毛は刈ったため、うすらハゲ状態ですが。


たまたま傷ができたことで、
オデキの中身がでて、萎んだような、、、
そんな感じの治癒。


結果オーライ的な?





こんな荒療治
良い仔はマネしないようにしましょうね。

一時期は手術まで考えていたのに
なんとまぁ、あっけない。

デモ、ヨカッタヨカッタ。

にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2018/02/27 Tue. 08:39 [edit]

category: 健康

thread: *ヨークシャーテリア*  -  janre: ペット

TB: --    CM: 10

27

セカンドオピニオンをして 




先日、過去の検査結果、服用中の薬持って
セカンドオピニオンをしてきました。

主治医に疑念はありませんが、
もし治療に他の選択肢があれば考える余地があるし
同じ見解ならば安心できるという思いで。





実はここ2か月程
セカンドオピニオンを考えていましたが
獣医師(主治医もセカンドオピニオン医師にも)の遠慮というか、気が咎めるような気持ちがあり
重い腰があがらず、先延ばしにしていました。


今回診てもらったのは
元上司の息子氏が院長をしている動物病院。

開院時は内覧会にお邪魔しているので
初対面ではなく、自宅から病院まで車で
1時間~1時間半という程よい遠さも
セカンドオピニオンに二の脚を踏んでいた
私の気持ちを前向きにさせました。



相談1:皮膚組織球腫について

そらの右わき腹に半年程前からできていた赤いオデキ。
昨年10月の組織検査で「皮膚性組織球腫」と診断。
一般的に3ヶ月程度で縮小するそうですが、
そらのオデキは徐々に大きくなり、
今は直径15mm程。
(9月 5mm,10月 8mm,2月 15mm)

今まで痛い痒い等の自覚症状は無いようでしたが、
2~3週間程前からオデキを気にするようになり、
表面にひっかき傷ができてしまいました。

塗布薬を処方され
術後着やエリカラが届くまでの2日間は
マナーベルトや包帯で傷を保護していましたが
留守番の間にそれらがずれ、一時期傷口が悪化、今は回復傾向。





【結果】
両医師とも見解はほぼ同じ。
ただ、現時点の治療法については、異なっていました。


☆主治医☆
表面にひっかき傷のようなものが出来ているので、炎症がおさまったら再検査。
3ヶ月前の組織検査結果やオデキの形状から悪性とは考えにくく、切除の緊急性はない(と思われる)。
切除は直径20mm程度になってから考える。






☆セカンドオピニオン☆
皮膚組織球腫の診断(外注)をした病理医は信頼できる先生である。
5歳以下の仔にできることが多く、7歳の仔ができるのは珍しい。
このまま経過観察をするは順当だが
半年間大きくなり続けていること、
現在オデキに大きな傷ができていることから
自分ならこのタイミングで切除し、
今後の生活を心配ないものにする。






「全身麻酔のリスクをおしてまで
今このタイミングで手術することはない」
という主治医と

「組織球腫で間違いないと思うが、一般的なものとは少し様子が違い、手術してとりスッキリしたほうが今後の生活を考えるといいのではないか」
というセカンドオピニオン医。

両先生の考えは理解でき、どっちらも正しいのだと思う。


この時はそらの傷口が少々膿み、
異臭を感じる程だったので
麻酔というリスクはあるものの手術に
私の気持ちは傾いていました。


ただ、主治医を軽んずる気持はなく
どのみち私の都合からすぐ手術(1週間後とか)
というわけにはいかないので
今はまだ経過観察をしています。



当所セカンドオピニオンすることに
迷いがありましたが
結果として、安心材料が増えして良かったと思います。

セカンドオピニオン医も丁寧な診察、
わかりやすい説明をしてくれ
その間、患者さんが来なかったことから
その親切に甘え、日頃気になっていた小さな事まで診てもらいました。
(続く たぶん)


にほんブログ村



Posted on 2018/02/10 Sat. 10:05 [edit]

category: 健康

thread: *ヨークシャーテリア*  -  janre: ペット

TB: --    CM: 4

10

エリカラと術後着 



傷口保護のため、
注文していたものが
届きました。


15174010280.jpeg


エリザベスカラー

術後着。

エリザベスカラーは
色々な形があり迷いましたが
ブログ廻りをしている中で
この丸型渦巻タイプが
装着時のストレスが少なそうに
感じたので、Amazonでポチ。

術後着は、体全体を覆いつつ
チッコは可能という理想的なもの。
もちろんウ〇チも可。


15174010480.jpeg


着丈に合わせると
胴回りが少々大きかったものの
マジックテープで多少の調整はきいたので
脱げることはありません。


15174010600.jpeg


私が出かけている間は
エリザベスカラーを装着。

ちょっと可哀そうですが
これ以上傷を悪化させないために
我慢してもらいましょう。


15174047720.jpeg


あー、
アレ?





15174040680.jpeg


愛嬌のある走っている姿がCMで使われ、
人気者になった生物ですよ。



エリカラをつけられ
「なんだコレ」
という顔をしているそらですが
徹底的に嫌がることはなく
すんなりこの状況を受け入れてくれました。


おおらかな性格でよかったデス。


15174012610.jpeg


にほんブログ村

Posted on 2018/01/31 Wed. 23:45 [edit]

category: 健康

thread: *ヨークシャーテリア*  -  janre: ペット

TB: --    CM: 2

31

やっぱり包帯で患部保護 



15172301110.jpeg


右わき腹に出来ていたデキモノが気になり
傷をつけてしまった一昨日。

病院からは、塗り薬を処方され
家では患部を守るべく
マナーベルトを付け
つなぎ服を着ていましたが
今日の留守番の間に
マナーベルトはズレ
患部を舐めていたようでした。


15172309670.jpeg


うむ、これじゃダメだったか。
(やんちゃ坊主相手に考えが甘かった)


そして今日はコレ↓を買ってきました。


15172301480.jpeg


包帯とガーゼ。(←いたってシンプル)
包帯なら収縮があってフィットしやすく
ズレにくいかろうと。


15172301320.jpeg


ほらね!いい感じ!


15172301700.jpeg


こらっ!
なめちゃダメよ。

ここ最近、患部に限らず
自分の手足、私の手、服、毛布など
色々なものを舐めています。

これってストレスの表れなのかしら。


15172301890.jpeg


明日はネットで注文した
エリカラと術後服が届く予定。
さらに万全の態勢で、
患部の保護ができますように。

にほんブログ村

Posted on 2018/01/29 Mon. 23:44 [edit]

category: 健康

thread: *ヨークシャーテリア*  -  janre: ペット

TB: --    CM: 0

29

皮膚性組織球種のその後 


そらの右わき腹に赤い出来物に気づいたのが昨年夏ごろ。

皮膚組織球種(11/10)

昨年11月に組織検査をしたところ
「皮膚性組織球腫」と診断され、
これは縮小することが多いそうなので
様子をみていました。


・・・が、

9月 直径5mm
11月 直径8㎜
年明け1月 直径12㎜

と徐々に大きくなり
ぷっくりと膨らんだ赤いデキモノは
実際の直径以上に大きく感じていました。


15171456350.jpeg


今まで、痛みや痒みなど
不快な様子はみられませんでしたが

2週間程まえから
デキモノを気にし
舐めることがあったので、
つなぎ服を着せていました。


しかし、
服の上からひっかいたのか
昨夜、デキモノから血が滲み
布団にも血がつく程。
ガーゼで保護をし就寝しましたが
朝にはすっかり外れていました。


そして今日、病院へ。
食欲もあり、見ての通りいつもと変わらない元気さ。

15171456580.jpeg

15171456930.jpeg


そうなんです。
2週間前に
定期的にしている尿検査
昨日、その検査結果を受け取りに
来ていたんですよねぇ。


15171457200.jpeg


ヒトのインフルエンザは
犬に感染しないそうですよ。
それにしても、今年は例年に比べ
特に多いそうなので、気をつけねば。

おっと、話しが脱線。

15171457480.jpeg



診察時、先生がおっしゃっていたのは

「今は炎症が起きているので、
先ずは炎症を抑え
その後、再度組織検査をしたほうが
いいかもしれない。

皮膚性組織球腫(昨年検査済み)は、
普通なら縮小していくのに
未だに大きくなっている(疑問)

デキモノをつまむと
表面(皮膚部分)だけに出来ている(ように思われ)
体内に続く、根っこのようなものは感じないので
悪いものではないと思う。」

とのこと。

炎症を抑える塗り薬を処方され
帰ってきました。




さて、これからが大変。

傷が気になり舐めたいそらと
それを阻止する私。


15171458060.jpeg


マナーパンツを患部に当て
舐めないようにしていますが、
時間とともにズレてしまい
私の目が届かなくなる
明日以降が心配。


15171457750.jpeg

本来当てるはずのアソコを
外して付けているものね。
変だけど、仕方ないのよ。


ソフトタイプのエリザベスカラーと
手術後に傷口を保護する術後着を
急いでポチリましたが届くのは火曜日。

果たしてこれらで、カバーできるかしら。

にほんブログ村


Posted on 2018/01/28 Sun. 23:19 [edit]

category: 健康

thread: *ヨークシャーテリア*  -  janre: ペット

TB: --    CM: 6

28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。